看護師求人~転職活動は3ヶ月前からスタートさせよう!~

看護師求人~転職活動は3ヶ月前からスタートさせよう!~

看護師は、一般的なOLなどとは違ってとても転職の多い職業です。

そのため「転職しよう!」と思ったらすぐに活動を開始する人も少なくはありません。しかし、最低でも3ヶ月くらい前から準備を始めるのが理想的です。

その理由は転職するためには、いろいろな準備が必要だからです。まず、転職理由をしっかり考えましょう。今の職場に不満があるから転職する人も多いと思いますが、面接ではネガティブな理由だけではNGです。ポジティブな理由も考えてください。例えば「人間関係が嫌だから転職する」というのが本当の理由だったとします。
夜勤専従看護師の家庭との両立について

しかしこの理由では、前向きな転職活動はできません!だから、今の職場の人間関係があまり良くないのならば、「明るい雰囲気の職場で毎日イキイキと仕事をしたい」「みんなで仲良くなって、仕事もプライベートも充実させたい」など前向きな理由に置き換えてください。きちんと転職理由が整理できてから、求人探しを始めましょう。

求人を探していると、自分の希望条件にピッタリ当てはまるわけではないけれど、ちょっと気になる職場が現れることがよくあります。もし、少しでも気になるところがあれば、実際に足を運んでみることがおすすめです。そして、応募書類を作成したり、面接のための準備をします。

面接って本当に大切で、試験なしで面接だけで合否が決まることもあります。ただ、中には面接前の応募書類の時点で審査から落とす施設もあります。そして、無事内定がもらえたら、退職する1~2ヶ月前には上司に伝えましょう。

引継ぎなどがあるため、最低でもこれくらの期間は必要です。また、次の職場で必要になる書類もあると思うので、準備しましょう。

このように転職活動は何段階もの過程があるため、どんなにスムーズに行えたとしても平均で3ヶ月はかかります。また、退職してから転職活動を始める人もいますが、ブランクができる上に収入が無くなるので、できれば働きながら少しずつ準備を始めることがおすすめです。

行動に移すのは早いに越したことがないように思えますが、看護師の転職は計画的に余裕を持って行うことのほうが大切だと思います。

准看護師の仕事について

看護師としてではなく、准看護師として働こうと思っている方も多いでしょう。 そもそも循環は何かというと、これは看護師不足の問題を解消するために作られた資格です。

現在も看護師不足の問題は解決したとは言えません。 看護師になるためには看護学校で3年から5年勉強しなければならないのですが、准看護師であれば、2年から3年生の学校で養成教育を受ければ取得が可能です。

順番推しの方が看護師よりも資格が得しやすいということもあり、比較的目指しやすい職業だといえるでしょう。 ただ、資格の種類には違いがあります。

看護師資格は国家資格になるのに対し、准看護師資格は都道府県知事の免許という形になるのです。 こういったこともあり、看護師資格を持っている方の方が優遇される職場もあるのですが、特に看護師が不足している病院では准看護師の採用に力を入れているところもたくさんあります。

気になる業務内容についてですが、看護師と准看護師の間でそれほど大きな違いがあるわけではありません。 ただ、国家資格であるかそうでないかという違いが大きく、これが給与格差を生んでいます。

同じような仕事を担当しているのに所持している資格が違うだけで給料が違うということにストレスを感じてしまう方もいるようです。

今後は、准看護師に求められる専門性も高まるとされており、こういったストレスはさらに大きくなっていくかもしれません。 給与格差に悩んでいる准看護師の方は、看護師になるということも検討してみると良いですね。

看護師なるための学校はすべて全日制となっているため、准看護師として働きながら看護師になるのはなかなか難しいのですが、看護師として10年以上働いている方は通信教育を受けることによって看護師になることも可能です。

もちろん、准看護師として活躍できる職場もたくさんあるので、今の働き方に満足しているのであれば無理に看護師資格の取得を目指す必要はないかもしれません。

准看護師として働きやすいかどうかというのも職場によって違うので、自分にとって最適な職場探しをしましょう。

准看護師廃止の可能性

准看護師という資格は、看護師不足の問題を解消するために暫定措置としてつくられた資格です。 こういったこともあり、看護師不足の問題が解消されたら准看護師の資格は廃止されてしまうのでは?と不安に思っている方もいるかもしれません。

ですが、結論からいってしまえばこのような心配はしばらくは必要ないといえるでしょう。 実際のところ、日本看護協会では准看護師を廃止し、看護師のみにしたほうがいいという声が出ているのですが、今のところを准看護師が廃止になるということは確定していません。

これには、准看護師の仕事内容が看護師とそれほど変わらないということも関係して良いでしょう。 看護師不足の問題が騒がれている現代において、准看護師の持っている役割というのは非常に大きいといえます。

ただ、看護師に比べると給料が低く、仕事内容が変わらないのに給料が低いということに対して不満を抱えている准看護師の方も多いようです。 准看護師を廃止することはこういった給料の格差を解消するだけでなく、看護技術の地位を向上させるのにも役立つのではないかと考えられています。

一方で、日本医師会では准看護師の廃止についてそれほど積極的な動きを見せていません。 どちらかというと慎重な姿勢を見せており、准看護師が配置されてしまうと自分たちの業務にも支障が出てしまうのではないかと考えている方が多いようです。 病院の経営は准看護師によって支えられている部分も大きく、病院に通って大きな戦力でもあります。

准看護師がいるからこそ看護師不足の問題が何とかカバーされているという考えもあるでしょう。 それだけでなく、看護師と同等の仕事をしてくれる存在でありながら低賃金で雇用できるということも病院側にとって准看護師がなくてはならない存在だといえる理由です。

今は准看護師から看護師を目指せる道も増えていることもあり、現在准看護師として働いているものの自分の資格や立場に不満を感じているという方は、将来的に准看護師が廃止になる可能性も踏まえ看護師を目指してみると良いかもしれません。

↑ PAGE TOP